9年勤めた一部上場企業を辞めるとき考えたこと★④一生の時間を何に使いたいかを考えるということ

2016年に会社を辞める時に、書きたいとおもってまとめていた項目です。

①組織社会で働くということ
②中途の女性が組織社会で働くということ
③仕事でやりたいことを考えるということ
★④一生の時間を何に使いたいかを考えるということ
⑤結婚とかひとりで生きていくとかのこと
⑥単身渡米に対しての価値観
⑦勉強することの幸せ
⑧いろいろな人と出会うことの幸せ

24時間という時間はみんなにとって平等なのだけれども、
それをどのように使いたいか。

この配分を考えたうえで使わねばというのを強く思った2015年だった。

仕事は大好きだけれども、その仕事が社会のなににつながるのかとか、好きなことはできているのかとか、何を求めてそれをやっているのかを答えを更新し続けないと。

好きなものとか大切にしたいことは、じゃーなんなのかって、家族で、家族みたいにしてくれる友達で、こういう人とのつながりをちゃんと大事にしたいということもまた、この仕事と仕事の合間時間によーく思い知らされて、本当によかったなぁと思う。

家族や好きな人とは物理的には離れてしまったけれども、
ちゃんと心の距離を保って、ちゃんと将来のことを考えてがんばって働いて、、
んーアメリカには来たけど、結果を出して、拠点は日本に戻したいと思います。

現在の仕事+3年後のための勉強+お母さんとお姉ちゃんとのスカイプ!+好きな人との交信+自分との対峙。

ですな。

そして。2月からのながいながいお休み期間が終わって仕事を始めます。
いろいろやるぞ~。

・・・2016年3月16日に書いた内容です。

これは、常に毎日をどんな風に過ごしたいのかを思い出していくために、
いつも考えて更新しないといけない内容だと思っています。

こうやって考えていても、実際に会社勤めをはじめてしまうと、会社が中心になって、見失うんです。。いやほんとーに。

時々、振り返って考え直して、軌道修正しなければいけないんだなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です