誰かのブログを読んだりする意味と、誰かにブログを読まれる意味の違いとかなにか。

こんにちは。

本日は、えとみほさんのnote 、「本当に儲かるブログとは」を読んで、ぴぴぴと来たので、書いておこうと思います。


日々、世の中にあるブログとかを読んだりしながら、ぼんやり感じていたことがわたしにもあり。

検索をしていると。。。

>まとめブログみたいなの、とか。

>〇〇するなら、これがおすすめ〇つの方法!とか。

そういうのに行き当たることって多いけれども、

最終的に、自分の人生とか感情とかの落としどころを付けていくうえで、
まとめられたものってなんか腑に落ちきれなくて。

いや、もちろん読み物としては、まとまってて面白いんです。

  好きです。めっちゃ読んでます。

  ライターのさんごとの視点でまとまりとかも違ってまた興味深い。

しかしながら、なんとなく自分が困惑しているときに探して求めているものは、

あるひとりの人の人生が、色々複雑怪奇に絡み合って、ある結果を残しつつも、まだまだ完成形ではないから、まだまだもがきながらも現在進行していってますー、

みたいな、人間くさいやつ、だったりする。

そういうのを見ていると、なんか型にはまって発信されているような情報がすべてではないっていうことが、如実にわかって、

一周回って、自分も自分でいいんだ、自分の道を見つけようって、思いになってくる。

そうやって、出会ったブログは、ずっと読者でいたし、応援したいし、その後が気になったりなんかする。

自分も何度目かのブログをこうして今、書き始めて数か月が経っていて、どうしたものかなと日々思っていて、形成をしている途中だけれども。

えとさんのnoteを読んで、なんかもやもやしてたものがわかった感じがした。

そして、今日、いろいろ考えたことは、ひとつ記録に残したいと思いました。


 

本日も毎日L.A.に来ていただき、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です