【国際恋愛】同居前の問題発生。リアルな意見すり合わせ(ケンカ)の内容。

こんにちは。

毎日L.A.に来ていただきありがとうございます。

問題勃発して「うぐぐぐぐ」となったので、書いてしまいました。

長文すみません。。。


約1年半の正式同棲期間を経て、カレシ君の家族とともに住むことになりました。
引越しはさ来週の予定です。
毎週のようにけんか。。。もとい。。。意見の刷り合せをしていますが、昨日も事件が。。。
11月からカレの実家に家賃を払うことに決めていたのですが、カレの親戚に不幸があったりしてバタついて、家賃を渡さずに週明けを迎えてしまいました。
まぁこれについて、忘れてしまったのは。私です。
そんなこんなで、次の日にお母さんから カレシ君 に電話で、「家賃はらってねー」と。
うわーしまったーって思いながら、
仕事終わったらいかなきゃ!とあせってたのです。
わたしと カレシ君 、それぞれが支払うという約束にしており、
学生である カレシ君 は一部免除(か、お母さんから借用)。
その連絡があったことを聞いたわたしは、当然ふたりで一緒にお金を渡しに行くのかと思っていたのです。
しかし、仕事から帰り、、6時。
家(今のアパート)に。。。いない。。。
連絡こない。。。
でもでも、
お葬式のあれこれなどがあって、親戚の集まりがずっとあるとうっすら聞いていたので、待ってました。
7時30分 LINE
“I’m at cousin’s house.”
いとこの家にいるねー
 (↑いつも一緒に遊んでいる仲間。)
は。。。
こいつ遊ぶつもりだな。。。
は。。。
まさか、、、
支払いのこととか何も考えてなかったんじゃっっっ!!!
めらめらめらめら!!!!!!!
鉄拳!!!
と、思うよりも先に、「いや、やつのことは放っておいてもひとまずお金は払わなきゃ」だったので、
「お母さんに、わたしがお金払いに行くって連絡して」とLINE.
幾許かの「あ!ごめん、僕も行くよ」的な返事を期待しながらね。
すると、
「自分も着替えを取りに、いとこと一緒に実家にいくから、来て。
とのことなので。
「そうだよねそうだよね。そりゃ一緒に払うのが筋だよね。」と思って、向かったのでした。
道中、友人の恋愛相談の電話をしながら、着いてからも話が途切れず、家から少し離れた路上に駐車。
すこし車の中にいたら、 カレシ君 がやってきて、「今行ったほうがいいよ!寝ちゃうから。」と。(着替えは取り終わった)
たまたま、前に停めていた車がいとこの車で、そこでわたしを見つけたらしいのですが。
で。
わたしが車から降りると。
「OK I have to go. BYE」と言って、いとこの車に乗り込むカレシ君。
は?!
「は?!」 でしょ?
「は?!」って思ってもいいですよねー。
わたしはトランクから出した扇風機を、持ち。。。
ちょびちょびモノを移動させてるので持参した。)
もう、なんか消え入りたいような気持ちでした。
「でも、お金払わなきゃ」なので。
「あなたは、ただの大家さんの息子って思うことにするから、もういいよ。じゃあね。」と言い捨て。
扇風機かかえて暗闇を歩いた。
家のゲートの前に立った。
「なんで、わたし、彼氏の家に家賃払いにひとりで扇風機持って、入ろうとしてんの?なんだこれ?」
なんか泣けてきて。
逃げたい。
でも支払いとりあえずしなきゃ。
落ち着かなきゃ。
でもひとりで入りたくない。。。
って葛藤してたら。
カレシ君登場。
もう泣きたい気持ちも止まらないので、
いったん、心穏やかにするために、離れて深呼吸。
ふー。
ふー。
わたしは大人だ。
ふー。
ふー。
ちょっとポロリとかしたけど、
なにはともあれ、2階にあがって、お母さんにお金を渡して。
終了。
カレシ君とは会話していませんよ!!!
帰り際に、お母さんがデザートを分けてくれたので、わたしはそれを待ち、カレシ君はなにやら言い残して、(お母さんに、わたしを車まで送って出てと頼んでいた。)いとこのもとに去っていきました。
なんか。。。こう。。。
「優先順位わかってますか?!」
まぁわかってないから、そういうことするんでしょうが。
今回のけんかで問題提起したい3点。
①お金のやりとりは、いつだってファーストプライオリティ!!!
家族だからいいと思っているのかもしれないですが、、、家族だからこそきちんとしなきゃいけないことがある。
そんなこともわかんないやつと私は付き合っているのかとか思っちゃいますよ~
②これから私は、カレシ君のセットで実家にお世話になるっていうのに、放置しようとする感じはなんなんですかと。
なんで、自分の彼女を放っていても平気な。。。そんなやつと私は付き合っているのかと思っちゃいますよ~。
③悪いと思ったら、すぐ謝ろう。
悪いなーと思ったから、おそらく一緒にお金を渡しに来たのですが、「ごめん」とか無し。
だいたいカレシ君の言い訳内容は想像できて。
「やろうと思っていた。。。」
とか
「大好きないとこと、学校や仕事で忙しくてずっと遊んでなかった。時間ができたのだから、今遊んでストレスを解消することが、学校の勉強の進捗にもいいはずだ」
とか
「最終的には、自分も一緒にお金渡しにいったんだからいいじゃん」
とか
「さとみとお母さんの間のことなんだから、そこは二人で解決してくれればいいじゃん」
 ↑たぶん、こうやって思っているに違いないところが、もっともイラついています。ただここに関しては、そもそもの意見の相違と思われるので、どうしていくのが得策なのかということについて話し合いをして協定をもたねばならないと思っています。
その話し合いをしようという提案メールに対して、
「忙しくないときに話合おう」ということだったので、
(忙しくないときに!って一体なに?!「キー」というのは置いておきます。」)
まぁこの問題はすぐには解決されないなぁというところで。
けんか(?)の一部始終を書き綴って、非常に恐縮ですが。。。
擦り合わせが済みましたら落ち着いて振り返りをするつもりでございます。
カレシ君が変な絵を描いてた。。。わたしの絵に対するアンサードローイングだと思われます。

本日も毎日L.A.に来ていただきありがとうございました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です