【国際恋愛】 プライバシーの基準とファミリーコンプレックスと、何も言わない系カレシ。

こんにちは。

毎日L.A.さとみです。
ご訪問頂きありがとうございます。
さて。本日は。。。
国際恋愛問題、またまた勃発しましたよー!!!!!!!!!
沸点こえましたよー!!!!!!!

ふー。
お互いの文化の違いは、話し合って解決。。。
とか
意見の相違は、徹底的に話し合って、お互いの状況を理解するように努める。。。
とか
違っていることが当たり前と思って、冷静に話し合いを。。。
なーんてかっこよくツイートしたりもしていますが、
そんなに美しく物事が運ぶかっていうと、そうではないですよ!
国際恋愛ズのみなさま、そうですかねー。そうですよねー。
なにが起きたかといいますと…
カレシ君が、、わたしとカレシ君の留守中に、お姉ちゃんに鍵を渡して、わたしのクローゼットの中のもののパッキングをさせて移動完了させていた。。。
わたしに無断で!!!
今日!突然!!
やっていた。。。。
OH MY っ ガーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン
来週の日曜日までが契約なのですが、
時間がかかる部分のパッキングが終わっていて、クローゼットの中身はちゃっちゃとできるので、パッキングを誰かに手伝ってもらう必要はないし、いやむしろ、片付けしながら自分でやりたかった。
百歩譲って、、、、
「いやーん面倒くさいところをやってくれていたんだーよかったー
 ありがとうございます~」
みたいに無理やり思ったとしても。
譲れないところがありまして。
それは・・・
沸点あげあげポイント1>プライバシー領域がわかってないところ
クローゼットには他人にふれられたくないものがあったのです。。
(軽い順)
●アクセサリー
●まぁまぁ高い時計
●おおきめ現金
●米銀行のチェックブック
●日本銀行カードとクレジットカードが入った財布
●パスポート
大事な服。。。とか言ってんじゃないんですよ。
大切~なものでしょ?!
怒っていいよね?!
こんなものを、ごちゃごちゃしているうちに無くされてたら、
どう落とし前つけてくれんのやー!!!!!!!
お願い>>>
ひとにはプライバシー領域とか大事なものとかがあるということを理解してくださーーーい!!!
沸点あげあげポイント2>ファミリーに頼んでいい事とかの線引き。
カレシ君、自分がやるならばまだしも、なんでおねえちゃんにやらせてるのかというところも問題なのですよ。
しかしながら、、、
「うちは、ファミリーにプライベートなことも頼んだりするのは普通だから」
。。。という意識なので、お気軽なのです。
わたしの感覚とは一切違う感じであります。
たしかに、別のお姉ちゃんに家族の洗濯物(自分、夫、12歳娘)を乾燥機に移しておくことを頼まれたりしているカレシ君の姿をみたりもしているので、ファミリー内のプライバシー感覚の障壁が低いのです。
お願い>>>
お宅様のファミリー新密度はわかったんだけども、わたしも一緒くたにしすぎることはやめてくれーーーー!!!
わたしの離れ気味の距離感(核家族、一人暮らし歴15年以上)も理解して少しづつ歩み寄ってくれー!!!
いやね。
すべてを私の基準に合わせて欲しいと言うわけではないのですよ。
ただ、わたしの基準というものがあることを理解しておいて、
なにか事を起こす前には、聞いて欲しいのですよ。
これやっとくけど大丈夫?とかさ。
特に今回は、ふたりの共有物とかだったわけではなくて、わたしのものに対してのことなので余計びっくり感があったのでした。
お願い>>>
頼むから、なにかする前になにか言ってくれーーー!!!!!
まぁ。。。
このように心情をまとめているうちに、自分の思い込みなどもけんかの原因になっているということはわかるのです。
わたしがクローゼットにそんなものを隠し持っているということ」は、伝えていないのだから、わからない。。。
>それはそうなのです。。。
わたしもカレの服とか靴が同じところにあって、それをしまったりはしたので、同じことと思ったのだとは思います。
>それはそうなのです。。。
「そんなに大ごととは思わなかったよ!!!」
そうですね。。。
そうなんですよ。。。
カレからしたら、大ごとにしているのは、わたしだ。
それもわかっていても、、キキキーっとなって、どっどーんとぶつかりにいってしまうわけなのですよねぇ。。
もう少ししたら、悟りを開いて、次のフェーズにいけるのでしょうか。
ふむむむむ。
今日は、、、おなかがへりました。
よく眠れますように。。。
このアパートで暮らすのもあと少しだから、しみじみしたいのです~。
※ベッドは運び出されていたものの、布団があったから、アパートでひとり寝でしみじみします。
夜景でもどうぞ。。

またまた
今日も毎日L.A.に来ていただきありがとうございました。
そして、、、長文お付き合いいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です