【悲しき大家族潜入生活】冷静に見つめることが大事である

こんにちは。

毎日LAさとみです。

疲労。

今朝のブログから、仕事にいって、まぁ解消。

なんだかんだで、生産することは、気持ちを癒してくれるのだ。

生産こそ我が人生。

*もっとモノをつくってカネを生む産業に身を置きたかったなぁと常々思う。

帰ってきたら、カレシはゲーム中。

たぶんなんとなく感じていて「おかえり」とぼそぼそ言われる。

2.30分ふらふらしてる最中に姉3が子供つれて登場。妹がシャワーからあがる。

カレシくん、テイクアウトの袋見せて「シュリンプ。」と。いう。

私が帰ってきてごはん食べてる時に食卓につくことなんてないのに着席。

姉、姉の子供ふたり、妹。

ごはん食べ始める。

考え方にもよると思いますし、わたしの心がイガイガしているからなのだと思いますが、誰かの家族の輪の中に入るのがわたしには苦行です。

*いま、気づいた。だからホームステイうまくいかなかったったのか!!!

その枠の中に放り込まれるならば、ひとりで居る方が断然に楽しい。

最近、カレシくん家族には慣れてきたけど、さすがに毎回は嫌なのだ。

というわけで。

2階に避難。

カレシくん、しばらくしてやってくる。

なんでいじけてるんだ。

昨日、運転できる?大丈夫?って聞いた時に怒ってた、オレはなんも悪いことしてない。気をつかってたのに、怒って帰った。

だ、そうです。

そういうと思ってた。

それについての議論はしない。意味ないから。

「ご飯食べなよ。シュリンプ、みどりのために買ってきたんだよ。」

うるさいので下にいく。

みんながまだ食べてるので、あとでいいやと思って、1階の部屋に移動。

インスタ見てたら、カレは、昼間に単に友達とご飯食べに行って、それのおみやげで持ち帰りしたことがわかる。

わたしのためとか言ってるけど、お姉ちゃんと妹が出てきてはじめて、もぞもぞ出してきただけじゃんね。

ついでかー。

ついでなのに、「シュリンプ嬉しい😃」と思ってほいほいガード緩めたことに後悔して、また2階に逃亡した。

↑いまここ。

まぁ、そうだよねー。

意地悪な捉え方、、、といわれるかもしれない。

そんな捉え方しなきゃならないよーな心の持ちようは悲しいなぁ。

悲しいけど、これが現実なんだよなぁ。

自分の気なのか何かなのかというのは置いておいて、

何が起きているのかを考えると。

●姉家に連れていかれる

(しかもわたし別の用事ことわった)

●帰宅はひとり

●夜はカレがゲームするから独りで寝る

まぁ事実を並べると真理が見えてくるとはよく言ったもんだ。

何が真実なのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です