【国際恋愛で気付く】アメリカ人に社畜の意味が通じない

先週から風邪をひいていました。

心配して昼間に「だいじょうぶ?」とテキストくれたうちのダーリン君。

わたしは返信で
「わたし’元’社畜だけど、社畜マインドをまだまだもっているから、ちょっとくらい風邪ひいても会社にいったら元気になるよ!大丈夫!」とテキスト。

自虐的な笑いみたいな感じで社畜。。。ということばを使っているだけなのですが、

ダーリン君。SHACHIKUという意味をググったのち、、、

「I know you can work, but I can see more potential and drive in you have to do something want. I rather have you do something you want/like to do and rather than something you don’t like and struggle.  Don’t put yourself down okay?」

と。。。

 

まだまだ私は抜け切れていないのだな。。。と反省しました。

そして、あー、ダーリン君 いいヤツです。

((*ノωノ)照

 

というか、やはり、日本人以外にはこの感覚(働きすぎを自慢したり自嘲したりする感じ)理解できないのでしょうね。。。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です