【国際恋愛のケンカ】言葉の壁 問題。

買い物&お食事帰りにケンカしました。

彼の性格は、よく言えば慎重、悪く言えば優柔不断なので、なかなか決めません。

買い物帰りに外食するにあたって、どこにするかということで、若干の押し問答があり、そのあと、なんだかずっと黙りはじめた。

「なんなんこの態度?!」と思いつつも、疲れているなら許すべしと思ってぐっと堪えていました。

食事が終わった後も、「あんまり美味しくなかった。。。全然クオリティも低くなってるし、高くもなってるし」とか文句も言い出す始末。。

 

わたしも、、、美味しくないものについては美味しくないと批評はしますが、基本的にはすべてのごはんは「美味しいね!」と言って食べなきゃ気が済まないタイプです。

ごはんに感謝、食べられることに感謝です。

 

というわけで、

怒りのバロメーターはどんどん上昇していき。。。最後に切れたのですが、、、以下やりとりです。


彼、「I should have gotten テンボバ。。。」(テンボバにすればよかった。)

わたし、「は?! ボバ?」(BOBA*タピオカ入りミルクティー)

彼、いらいらしながら繰り返す。

「I should have gotten テンボバ。。。」(少しゆっくり)

わたし、「は? I could only hear BOBA、BOBA?Sorry I couldn’t get it.」

(テンボバにしか聞こえないんだけど、ボバ?ごめんわからない)

彼、超絶ゆっくり

「I    should    have    gotten    テンぼばー」

もはや、テンボバにしか聞こえない。そのテンボバの部分をゆっくりいうかスペルを教えてほしいのに。。

わたし、「I still don’t get it. Sorry Its not ten BOBA..is it?」

(それでもわからない。ごめん。ボバじゃないよね。。)

彼、ためいき。

↑これ、怒りバロメーターが振り切れる直前。

しかし、ここで怒ってはいかんな、と思ったので、がまん。

 

このとき、彼が車を運転していたのですが、この状態で車運転されるのも嫌だわと思い、運転を変わることにしました。

その時に、落ち着いて再度何を言っているのかを聞こうと思いました。

私たちには

「『お互いに喋った英語がわかったふりをしない、わからないときは聞く』協定」があります。

 

>彼は、わたしが話すブロークン英語がわからないときは、きちんと聞く。

>わたしは、彼が話すネイティブの英語がわからないときは、きちんと聞く。

>>お互いに聞かれたことに対しては、ちゃんと答える。

 

そして、車を停めて、運転席に移ってから聞きました。

わたし「So what did you say again?」さっきなんて言ってたの?

彼「Never mind.」もう気にしないで

 

↑振り切れちゃいました。

 

 

まだ冷戦中です。


イライラすることがあるのもわかります。

人間ですものね。。。

 

そういうときは、日本語でいい返したりして「お前だって日本語わかんないじゃん!」というようにしているのですが、今回その応戦を出来ず。。

車の急発進で対応してしまい。。。

 

冷静になろうと思って、なれなかった場合の対処もきちんとしなければと反省している次第です。

 

深呼吸、冷静、コミュニケーション。

 

うむうむ。

 

スピンオフも書きます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です