アメリカUBER初体験の話。UBERドライバーが語る言語コミュニケーションと注意事項!

こんにちは。

毎日L.A.に来ていただいてありがとうございます。

最近UBERが悲しいことになっていたりもするので、uber使い始めたその日のことを思い出しました。

わたしのUBER初体験は最高だったんです。


2016年3月にアメリカにやってきて、2か月経った5月のこと。

中学の同級生がたまたまアメリカに一瞬あそびに来るというので、一緒に飲もうという話になった。

車で30分くらいの距離。

公共交通機関はない。

(※電車もバスも一応ありますが、激しく不便。)

行くしかないっっっ。

そう思って、UBERをその日にダウンロードして、いざコール!!!

(コールっていうのかしら?配車クリック?)

すごい車が来ました。

車種とか覚えてないけど(UBERは配車される前に車種わかります)

黒塗りのお高そうな車でした。

イメージ図

車の中はド派手で、なんかオーディオの部分とかキラキラ光ってる。

ドライバーは黒人の30代後半くらいのごつーいお兄さん。

 

「HELLO(ちょっと怖いけど。。。)」と言って乗り込みました。

 

しばらくして、

話しかけられてしまった。。。

 

●ドライバー「UBERよく使うの?!」

〇わたし「いや、これが初めて。しかもアメリカ来たばっか。」

((いやいやいや話しかけないで―英語超聞きづらいんですけどー))

●ドライバー「そうなの?旅行?」

〇わたし「いや、仕事。でもまだあんまり英語しゃべれないから。」

((英語話せないからという話しかけるなという牽制))

●ドライバー「いや、君はよくできてるよ。どこで勉強したの?」

〇わたし「イギリスに住んでた。でも10年以上前だから、下手になってるし、しゃべりたいと思っても言葉が出てこない。」

●ドライバー

「君は日本人だろ?日本語と英語はそもそも構造が違うんだ。

 だから話をするときは、
 自分の頭の中で言いたいことを全部訳して組み立ててから話をするんだ。

 焦らなくっていいんだよ。

 

カレ曰く・・・

日本語や中国語は漢字を使う。

>>目で見た画を言葉にして、理解をする言語。

英語は、

>>単語と語順を耳で聞いて理解をする言語

違う言語構造なんだし、難しいのは当たり前なんだから、あんまり神経質にならずに、でもポイント押さえてがんばれよって励まされた。

カレもフランス語を勉強したことがあって、その時に言語コミュニケーションに興味をもったそうだ。

 

 

なるほど。。。日本語って、画なのか。。。そうなのか。。。

ひとつの漢字に意味が込められてて、その言葉とか熟語を使うか使わないかでも意味が変わったりしてくるから、そういう部分なんですかね。

なるほど。。。英語って、単語と語順なのか。。。そうなのか。。。

たしかに語順ひとくくりで、言葉の意味を成すことが多い。

 

 

そうか、そうか。

 

 

違う言語で考えているんだから、それをまず認める。

そして、焦らずに言いたいことを変換するようにすればいい。

 

頭の中を英語でいっぱいにしなきゃいけないって思ってたわたしにすーっており来た言葉でした。

ふむふむ~と思っていたわたしに、さらにカレは続けてくれました。

 

 

「ねぇ、UBER初めてっていったよね?!」

そう言って、UBERに乗る時の心得を教えてくれた。

 

①僕は、いいヤツだけど、UBERには悪い奴もいることは忘れないように。

たとえば、ナビが示しているのと違う狭い道を通らせたらだめだよ!!

変な道に連れ込まれたりしたら危ないからね!

 

②UBERから降りたその後にも気を付けるように。

暗い道で女の子がひとりで歩くっていうのは怖いことなんだ。車から降りたところを狙っているヤツだっていっぱいいるからね。

僕は、ちゃんと無事にお客さんが目的地に着いたかどうか見届ける。

僕以外のUBERに乗る時もちゃんと玄関の前とかでおろしてもらうようにしなよ!

(②については、目的地知られたくない場合もあるっちゃあるけどなぁ。。。ということもあるので例外はありそうです。)

 

プラスワン

UBERは初回の割引クーポンが使えるよ!

初回乗車は割引があるんだよ!

UBERにメールして聞いてみなよ!!!

と、お得情報までご教示してくれた。

 

しかしながら、

後日、メールして問い合わせたところ、乗車する前にクーポンコードを使う必要があったらしく、初回割引は受けられなかったんですけどね。

 

そうやって、ちょこちょこ話をしながら20分ほどの道のりをドライブしてもらって、目的地に到着。

久しぶりに、日本の友達とあって、ストレス発散。

当時、仕事から帰って夜になると、蕁麻疹らしきものが出ていたのですが、その日を境にぴたっと止まった。

(日本のストレスから解放されていたので、ストレスによる蕁麻疹と思わず、ふとんについたノミとかだと思ってた。。。(笑))

 

この日のことは、絶対忘れないな~って思ってます。

 

『ていうか、このドライバー何者?』って思いましたけどね。

 

なんだか知らないけど、私、超ラッキーだったんだと思います。

 

果たして、この人が本当に悪い人ではなくて、いい人なのかどうなのかも実際のところはわからないけど、

 

とにかく、わたしの心にタイムリーに刺さる言葉をたくさんくれた。

 

こういう面白い出会いがあるから、人生楽しいなーと本当に思います。

 

これからもいい出会いがありますように。

こんなんアマゾンで売ってる。今の時期もらえたらこれいいなー。

日本のアマゾンにはなかったー。

その代わりに本を紹介しておきます。

でも、凋落しているけど。。。

http://www.businessinsider.com/uber-scandal-crisis-complete-timeline-2017-6

やっぱり人徳は必要だ。

 


本日もありがとうございました。

ではでは、ハッピーな一日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です